作業員

水漏れ修理に依頼しよう|キッチン回りを快適に使える

まずは止水栓を閉めよう

工具

埼玉県で使用されている水道は10年を過ぎてくるとさまざまな箇所が劣化していき、水漏れが生じます。水漏れ修理は事前に対応方法や埼玉の修理業者を知っておくと、いざという時に慌てずに対処することができます。連絡する前には予め故障箇所を検証しておくとよいでしょう。水栓は水漏れの初期症状では常時水が溢れているわけではありません。気が付いた時に早期に埼玉の水漏れ修理業者に連絡して、症状がひどくなる前に修理しておきましょう。水漏れ修理が必要になった時にはまず初めに止水栓を閉める事が大切です。一軒家の場合には屋外のメーターボックスの中に、集合住宅の場合にはガス管や水道管が収納してある場所に止水栓があります。次に水道の水漏れ箇所を特定しましょう。蛇口には繋ぎ目がたくさんあり、どこかの繋ぎ目から漏れ出しています。蛇口からポタポタと漏れている場合、内部の水を止める役割であるコマパッキンの摩耗が原因に挙げられます。軽度の場合にはパッキンのみを、重度の場合にはコマごと取り換えをします。次に、壁に接する水道の付け根部分からの水漏れがあります。蛇口は壁にネジのように回しながら取り付けてあります。ネジ部分には水漏れしないようシールが巻きつけてありますが、これが傷んでくると押さえが効かなくなり、シールの巻き直しが必要になります。そして、ハンドル下から水漏れがする場合には、ハンドルのすぐ下に内蔵されている三角パッキンが劣化している可能性があります。埼玉の水漏れ修理業者では、水栓サイズの合わせてさまざまなパーツを持っているため、連絡する際にどのような状況かを説明できれば、すぐに対応してくれます。